トップページ > すぐに遺品整理してはいけないもの
すぐに遺品整理してはいけないもの

遺品整理をどのようなペースで行うのかという決まりごとはありません。しかし状況次第では、すみやかに行わなければいけないこともあります。持ち家に住んでいる人だったのならともかく、賃貸物件に住んでいた人の場合はすぐに明け渡さなければいけません。このような場合は葬儀などの法事が終わってから直ちに遺品整理をすることがあるのです。

すみやかに遺品整理をしなければいけない場合でも、すぐに処分してはいけないものがあります。たとえば故人の手記や手帳、住所録などがあります。これは最近だとパソコンや携帯電話に入っていることもあるので、ある程度残しておくと良いでしょう。預金通帳なども必要になってくるので、重要書類も残しておいてください。

関連エントリー
Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【奈良県版】 . All rights reserved