トップページ > 遺品整理と思い出
遺品整理と思い出

その人が持ち家に住んでいた場合、遺品整理でその家をどうするのかという問題が出てきます。そのまま処分してしまうこともありますが、いろいろな思い出が詰まった場所ということからそのまま残し続けるということがあります。これは不動産税などを遺族が払い続けるというものです。これも遺品管理の形の一つですが、問題がないというわけではありません。

人が住んでいれば家は傷んでいきますが、人が住んでいない環境でも傷んでいきます。そのまま誰かが住むならともかく、無人となった家が残されているだけでは次第に傷んでいきます。そのようなこともあるため、早々と遺品整理業者にお願いするというケースが多くあります。思い出を重要視することは悪いとは言いませんが、それにともなうリスクも考えましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【奈良県版】 . All rights reserved